• 【食材仕入編】冷凍の肉を使いたくない件について

    2017.05.25

    【食材仕入編】冷凍の肉を使いたくない件について

    スォースダイ
    カンボジアの首都プノンペンの123ストリートからお送りしています。
    MAGNETGROUP代表としてデザイン事務所経営と焼き鳥とワインの店を経営している奥谷奈津子です。

    焼鳥とワインのお店をする事に決めたのでマーケティングリーサーチの日々が始まりました。
    他店の焼鳥屋さんをはしご。

    冒頭で落とすけど…
    ナツ正直そんなに鳥…好きじゃないんだよね。
    美味しいとこ神戸にも少ないしそもそも牛とか豚とかと比較すると最終の選択肢ってポジショニング。
    母方が宮崎なので宮崎地鶏のタタキとかは大好きなんですが。
    が、神戸でわざわざ「焼鳥食べたーい」とはならないんですよね。

    つまり焼鳥のはしごがとてもつらかったって話。
    やっぱり肉がぐにゃぐにゃしてるし。
    美味しくない。

    なんか冷凍して袋に入ってるのを湯煎して外に出して焼き色付けました的な味なのよね。
    肉の味もしないし。

    にゃむさんの鳥は美味しかったなぁ。
    でも2軒目だったし残したら怒る辛酸と一緒だったから地獄だよね。
    じゃんけんで負けたら食べるっていう。。。

    「がおーーー」
    ってそんなビジュアルなんだから食べてよ!全部!!
    TシャツにGIVEって書いてあるしさ。

    がおーーーー!!
    大笑いで楽しかったな。
    騒ぎすぎた。反省。

    プノンペンのお店は傾向として色んな食べ物を沢山用意するってスタイルが多い。
    だいたい。
    なんでもありまっせ!的な居酒屋が多いな。

    日本語手書き…
    ナツ達がクメール語書くようなものだよね。
    凄いなぁ。

    肉は冷凍やっぱ使いたくないなぁ。
    あと味の素も使いたくないなぁ。
    全部同じ味になるんだもん。
    身体に悪いし。
    ナツ、自分が食べたくない物出すの嫌なのよね。

    やっぱ仕入れや下準備や下ごしらえに力いれてカンボジアバードのポテンシャルで勝負するお店にしよっと。
    放し飼いだし身がしまってて美味しい。
    ナツは冷凍の肉なんて使わねー!!

    「がおーーーー」

    儲けるのではなく笑顔が溢れる人が集まる場所を作るのが目的だからね。

    今日より明日、明日より明後日。
    プノンペンでの生活はオッパニハーン
    See YOU

    カンボジアプノンペンでウェブデザイン、内装デザイン、建築施工工事、商品ブランディング、開業支援、レンタルシェアオフィスの事はMAGNETにお任せ下さい。
    日本人デザイナー在中のデザイン事務所&ワインと焼鳥のお店123ストリート