• 【フラワーデザイン】

    2017.08.06

    【フラワーデザイン】
    スォースダイ!
    カンボジアの首都プノンペンの123ストリートからお送りしています。
    MAGNETGROUPカンボジア支部代表としてデザインワークと焼き鳥とワインの店をマネージメントと日系企業向けシェアオフィスを管理している向田です。

    123ストリートのスタッフヒーヤンのお兄ちゃんはフラワーデザイナーなのである。
    ヒーヤンBrも出店依頼がありブースをデザインするみたいです。
    なので、ダイアモンドアイランドで行われるブライダルフェアの全日の様子を見に行って来たよ。

    会場に着くと全日ということで各ブース搬入やらリハーサルで大変そうでした。


    うーん。この感じ懐かしいな・・
    会場をウロウロシてるとヒーヤンファーザーがいた。
    ヒーヤンBrならそこのブースだよ。と教えてくれた。
    そこにいくと、ヒーヤンBrはもちろんヒーヤンマザー・ヒーヤンシスターと家族総出でブース装飾していた。
    家族でブースを仕上げるってなんか日本では考えられ無いけど、カンボジアでは普通らしい。
    逆になんで?って感じでBrは言う。
    こちらが家族総出で仕上げた作品



    今回のクライアントはコカ・コーラだって。
    すごいねBr.

    他のブースもかんな感じ

    自分もカンボジアでこういうお仕事したいと強く思った。
    ヒーヤンファミリーに別れを告げ123ストリートに戻ることにした。

    するとタンフォンがBig problemと叫んだ!
    え!なになに?と聞くと、スタッフのロタに借りたバイクで来ていたんだけど、
    タンホンは盗難を恐れハンドルロックしたみたい。
    が・・ハンドルロックを解錠する鍵が壊れていて解除できない・・

    外は雨が振っていた。
    もちろん屋根など無いので濡れながら必死に解除を試みるが駄目だった。
    助っ人を呼ぼうとタンホンがヒーヤンBrにTEL.
    これが後にトラブルになる。

    次にバイクの持ち主でもあるロタに電話・・
    ロタは123ストリートからダイヤモンドアイランドまでヒーヤンのバイクで駆け付けた。
    がしかし解除できない。

    次にタンホンは親友にTEL.
    親友はシャワーを浴びていたらしいが、シャワーを中断し駆け付けてくれた。
    がしかし解除できない・・

    そうこうしてると現地の人がやってきた。
    何してるんだ?
    事情を説明しよし俺があけてやると意気込んだ
    がしかし解除できない。

    半ばあきらめかけてた所に通りすがりの少年がやってきた。
    何してるんだ?
    事情を説明しよし俺があけてやると意気込んだ
    一回目の挑戦ですんなり開いた。
    うぉーーーーと歓声が湧きその少年はどこか誇らしげであった。

    そこにいた人数6人。
    困ったらみんなで助け合う精神いいな。

    123ストリートに戻るとタンホンの機嫌が悪い!
    気になったので聞いてみると原因はヒーヤンBrみたいだ。
    何故Brは俺たちが困っているのに顔も見せずに平気でいられるんだ?
    親友はシャワー半ばで駆け付けてくれた。
    Brその会場にいた。考えられないと。

    めちゃくちゃオコです。
    どれくらいオコかというとFB友達外したらしい。
    俺はフォローするわけではないがBrは仕事だから仕方ないと言った。
    タンホンはいくら仕事でも同会場にいるのなら来るべきだ。
    考えられへん。Brは自分のことしか考えて無いと言う。

    なんかカンボジア人にいろいろ大事なことを教えてもらっている自分であった。
    仲間は大切。家族も大切。
    当たり前の事ができていないのではと気付かされる。

    今日より明日、明日より明後日。
    See YOU

    プノンペンでウェブデザイン、内装デザイン、建築施工工事、商品ブランディング、開業支援、レンタルシェアオフィスの事はMAGNETにお任せ下さい。
    日本人デザイナー在中の123ストリート