• 【国境を越えて】

    2017.08.19

    スォースダイ!
    カンボジアの首都プノンペンの123ストリートからお送りしています。
    MAGNETGROUPカンボジア支部代表としてデザインワークと焼き鳥とワインの店をマネージメントと日系企業向けシェアオフィスを管理している向田です。

    カンボジアに来てもうすぐ4ヶ月
    スタッフたちとは毎日会っているから結構な付き合いになる。
    ママはとにかく明るい。
    その笑顔で癒やされてます。
    そんなママはとにかく面白いのだ

    厨房で皿を洗っていると陶器でできたスプーンを滑らせて割ってしまった。
    まあ〜よしとするか。
    するとお客さんが123ストリートに来てくださりました。
    と同時にママが2階に上がってきてお客さん来たよと誇らしげに言ってきた。

    うん。ここからでも見れるから知っているよと伝えると
    そうじゃない!さっきスプーン割ったでしょ!そのときにおまじないをしたのよ!
    お客さん来てくれますようにって!
    とママは興奮気味で言ってきた。

    正直意味がわからなかったのだが、ママは嫌なことやミスをした時は心の中でいいことを念じるらしい。
    で念じていたらお客さん来たのよ!
    と興奮気味でまた言ってきた。
    そして本当にと俺が聞くと高笑いしながら去っていった。
    いや~面白い人だな。

    ここからが本題になります。
    123ストリートの元焼き鳥番長スローン!
    今はカンボジアを飛び出して韓国で仕事をしています。
    そんなカンボジアを飛び出し韓国にいるスローンから日本を飛び出しカンボジアで仕事している
    私に連絡が来たのである。
    スローンから電話だよとみんなに伝えると
    親友のロタが一番食いついた。
    けど喋らないんだよね。むしろ泣きそうな顔している。
    そか多分寂しんだね。
    みんなで話をしていたらそのロタがスローンが映っている携帯をMOVIE撮影しだした。
    ほんと意味も使用用途もさっぱり解らない。
    ロタ話したらと言うと、いいよ、いいよと照れて喋らない。
    ほんと謎多き国カンボジアであーーる。

    今日より明日、明日より明後日。
    See YOU

    プノンペンでウェブデザイン、内装デザイン、建築施工工事、商品ブランディング、開業支援、レンタルシェアオフィスの事はMAGNETにお任せ下さい。
    日本人デザイナー在中の123ストリート