• English
  • 日本語

【熱と猫と私】ちょっとSAD DAY

奥谷奈津子の現場リポート

2018.02.27

【熱と猫と私】ちょっとSAD DAY
スォースダイ!カンボジア・プノンペンでインテリアデザイン、建築内装設計施工工事、オフショア開発、商品ブランディング、開業支援、かぼちゃを流行らせる仕事、ウェブデザイン、企業コンサル、焼鳥とワインのお店頑張り過ぎて熱が出たよ。

頭痛い。
ペヤングには解るのかな。
この気持ちが。
いつもよりベタベタしてくれる。

きゃわいいやつめ。
が、夜中00時58分。

 

朝になったらこうなった。

どちらにしてもSNOW様がないと絵が耐えれない。
今はもう身体も痛い。
目も赤いな。。。

嫌いだがさすがに薬を飲んだ。
ホテルに移動
スゴロクで言うと二泊休む…。

今日は良くない事があった。

身体が弱ってると心も弱る。
良くないね。

日本にいるとゆうきが守ってくれる。
平君が守ってくれる。
倉本さんと木本さんも助けてくれる。
大将も支えてくれる。
のんのんとまりこちゃんはなんやろな。寄り添ってくれる、かな。
(大将、社員じゃないのになんなんやろ、相談役的な…)
大将…。

あ、間違えた。
これタイピーだ。
タイピーも心配してくれる。

でも今カンボジアにはナツとタンフォンしかいない。
そして自分の力だけで守らなくていけないものが沢山ある。
ゼロイチだから過去と同じような事が起こる。

都合の良いときはきれいごと。
都合が悪くなったら人のせい。

ナツの能力だけど言葉ひとつひとつ、表情ひとつひとつ。
普通の人であれば今、何を考えているのか全部わかる。
一文字一文字のミスがスローで耳に入る、心が見える。
わかってしまう。
偽善や嘘。
黒い心。
全部いやなくらい見えてしまう。
だから話の途中で話を終わらせたりもする。

これ以上見たくない、聞きたくない、と心を閉じたくなる。
そして人一倍傷つく。
鈍感になりたい。

そういう自分をわかってくれて前に立ってくれたり守ってくれる役員勢。
優しくてめちゃ仕事ができるにいにい達。

甘やかされてるなー。ってしみじみ。
でも変わらずずっと甘やかしてほしいです。

まぁでも直接傷ついたのは久しぶりで
今までの悲しかった事の記憶とかちょっと思い出したりしちゃった。

それでもおなかはすくのだ…
歩いて外に出る元気もない。
ホテルの食事はジャンク…
123の生姜ぞうすいは食べ飽きた…

うーむ。
またごはんが届いた!
フランスからの指示でカンボジアのナツの部屋に。
飲茶めちゃ美味しい!

届いたけど…
え?
これここにいれるんですか?
とLINEで質問、的な食べ物。

パリにいるからかスタイリッシュ度が増してる気がする。
マック食べちらかしてる。

まぁ、結局ちゃんとやってたらどこの国にも心配してくれる人がいて
応援してくれる人がいて
困ったら助けてくれる人がいる。

悲しい事があっても明日は来る。

MAGNETが大切。
12歳の男の子マグネ君。

カンボジアのMAGNET DESIGN Ltd.,はまだ冒険の序章。
小舟だけど出港したばかり。

ぼくらは位置について 横一列でスタートをきった
つまずいている あいつのことを見て
本当はシメシメと思っていた
誰かを許せたり 大切な人を守れたり
いまだ何一つ サマになっていやしない
相変わらず あの日のダメな ぼく

ずっと探していた 理想の自分って
もうちょっとカッコよかったけれど
僕が歩いてきた 日々と道のりを
ほんとは“自分”っていうらしい

ねぇ ぼくらがユメ見たのって
誰かと同じ色の未来じゃない
誰も知らない世界へ向かっていく勇気を
“未来”っていうらしい

スガシカオ先生の名言ね。

理想とは実力が伴う者だけが口にできる現実。
自分らしさとは自分で決めるものでなくまわりから見た自分である。

ナツの名言ね。

頑張れニッポン。

今日より明日、明日より明後日。
プノンペンでの生活はオッパニハーン

See YOU!

カンボジア・プノンペンで内装デザイン、建築設計施工工事、オフショア開発、商品ブランディング、開業支援、音楽制作、かぼちゃを流行らせる仕事、ウェブデザイン、シェアオフィス、焼鳥とワインのお店、総合エンターテイメントは日本人デザイナー在中のデザイン事務所MAGNET&頼もしいカンボジアスタッフとおおくりするワインと焼鳥のお店123ストリートにお任せ下さい!