サービス

  • 代表取締役 奥谷奈津子のプロフィール画像
  • 土地・不動産のマーケティング調査
    カンボジアの土地の活用方法の一つの手法として住宅を建設して売りたいと考えた場合、いろいろな法律の規制をクリアする必要性があります。
    土地活用を成功に導くために、投資プランに合わせてその土地や不動産にはどういうニーズがあるのか、土地活用に必要な市場調査を行います。

    土地・不動産投資コンサルティング
    海外アジア不動産投資に興味はあるけれど、何から始めていいか分からない…
    リサーチだけでも時間が必要でなかなか進まない…
    言語のハードルがある…などなど
    海外不動産投資を検討し実行に移すまでの不安や疑問をご相談頂けます。
    また、実際に取得するまでの手続き、税務申告、売却時の判断等を総合的にサポートいたします。

    土地・不動産の価格査定
    日本の場合土地の価格査定を行うには4種類の方法があります。
    「一物四価」という言葉が存在し、1つの土地に対して異なる4つの価格があることをこう呼びます。
    さらに、不動産鑑定士の鑑定による鑑定評価額を加えると五価です。
    1,実勢価格
    2,公示地価/基準地価
    3,相続税評価額(相続税路線価)
    4,固定資産税評価額(固定資産税路線価)
    5,鑑定評価額

    しかしカンボジアでは1か5。
    しかも1日1日値段が変動します。
    弊社が携わったプロジェクトで地価が下がったという案件は取り扱った事がありません。
    実勢価格と鑑定評価額に関しても建築士の免許ですらない国ですのでありません。
    ただ、ローカルのカンボジア人達は全員といっていい程どこがいくらかをシビアに共有しています。
    弊社ではリサーチや価格査定の段階で日本人が現場に出向くことは避けて本当に正しい金額を拾い上げてくる事を施行しております。
    日本人がプロジェクトに携わっているだけでも価格が倍になったりすることは日常です。

    簡易査定でよければ2日〜3日でのお返事も可能です。

    土地・不動産購入のサポート
    「海外カンボジアで不動産を購入しようかな・・・」そう思ったら、お気軽にご相談ください。

    ご希望エリアの詳細情報をご提供することはもちろんのことお客様へ各種ローンのご紹介や資金計画等もご提案いたします。
    また分かりにくい税金や、法律関係もしっかりアドバイスしお手伝い致します。

    土地・不動産売却のサポート
    カンボジア人オーナーが土地・不動産を売却したい場合お気軽にご連絡ください。

    土地の開発・進行管理

    カンボジアでいう土地の開発の仕事はいわゆる「街づくり」のことです。
    それを行っている会社は一般的にデベロッパーと呼ばれています。

    家造りの最初のステップとなるのが事業用地取得、つまり土地を手に入れることです。
    土地を手に入れるために徹底した情報収集をおこないます。
    カンボジア人や銀行などから土地に関する情報をたくさん集め、事業に適している土地かどうかを検討していきます。
    そして街づくりに適した土地だと判断した場合、その土地の持ち主であるオーナーとの交渉を弊社カンボジアスタッフが行います。
    このようにして、土地を見つけ、オーナーとの交渉を繰り返し行い我々は事業に適した土地を手に入れます。

    手に入れてきた土地の歴史や周囲の環境などをさらに調査し、プロジェクトの企画とコンセプトを立案していきます。
    企画立案の次は、それを実現するため住宅の設計図を描いたり、デザインを作成していきます。
    ここでは建築家の倉本やデザイナーの向田たち日本スタッフと協力して内装や外観など細部までを制作します。
    住宅のデザインなどが決定した後は計画に基づき、現地施工会社が工事を進め設計図を形にしていきます。
    我々は工事を直接行うことはありませんが、品質やプロジェクトの進捗管理などのマネジメントを行い業者を管理します。

    住宅・店舗の設計
    一級建築士倉本を筆頭に新築・店舗デザイン・リノベーションで約50件、ランドスケープで4件の実績があります。
    ご安心しておまかせ下さい。
    また店舗の設計においては日本料理に特化しておりミシュラン二つ星レストラン・ASIABEST9のレストラン・食べログゴールドのレストラン等の実績がございます。
    カンボジア・プノンペンのタイムズスクエアビル3階で保育園の設計・TTPエリアにてレストランの内装工事等を手がけた実績もございます。
    カンボジアでは日本と違い材料を手に入れることが先ず困難です。
    特殊な素材等に関しては日本からの輸入の手配で対応し未だカンボジアにない空間を提供していけたらと考え弊社にしかできないサポートを目指しております。

    建材・塗料・ゴムシート・住宅用資材の輸入
    建築・土木防水業界への防水材、止水材、床材、壁材、屋根材、各種断熱材、建築金物などをはじめとして、新たに環境・省エネに配慮した建築用資材の輸入。
    最近では積極的に提案して進めたいと考えているのが次世代省エネ住宅。
    カビやダニ、日々のメンテナンスが楽、エアコンのランニングコストの軽減など健康に暮らせてとても経済的な住宅となっています。
    電気代が高いカンボジアではエアコンのランニングコストの軽減は重要度の高い項目です。
    それもあってソーラーパネルを見かける事がかなり多くなってまいりました。
    今後弊社の提携企業小倉サンダイン様と手を取りあい「電気と断熱」に着目し様々な商材を日本から輸入していけたらと考えております。
    必要なものをなるべく安価にスムーズにカンボジア人に届けたいと考えております。

    ホームページ・グラフィックデザイン
    弊社は元々グラフィックデザインから始まったデザイン事務所です。
    可愛いデザイン・かっこいいデザイン・おしゃれなデザイン・売れるデザイン等デザイナーごとの強みがあるのでご要望に適したデザイナーが対応し夢を形にするお手伝いを致します。
    ホームページ制作に関してはブランディングを意識したデザイン性の高いWebサイトの提供を心がけ、1社を創業する想いでホームページを作ります。
    採用コンサル・集客コンサルのノウハウが盛り込めるのも強みの一つです。
    制作実績多数ございますのでサンプルを見たい等お気軽にお声がけ下さい。

    飲食店開業支援
    カンボジアでは特に人口が比較的多いプノンペンで飲食店の数が増えています。
    特に近年はカンボジア国内での中産階級の拡大、若者の趣向の変化、外国人観光客の増加によってリーズナブルな外資系のレストラン、ファーストフード、カフェなどが増えカンボジアの外食シーンは急速に発展を遂げています。
    GDP指数が上がり潜在成長市場に世界の先陣を切って日本のイオンが渾身の巨大モールをオープンした事は有名です。

    システム開発
    弊社にはシステム開発部も備えており役員の一人がエンジニアです。
    カンボジアでありがちなオフショア開発ではなく、カンボジアの為にシステム開発をしていけたらと思います。

    お土産開発

    カンボジアといえばこれ!というお土産が思い付かないので作ってみたいと考えています。
    ハワイのマカダミアナッツみたいな。
    絶対に喜ばれるお土産ベスト10!みたいなサイトを見ましたが正直ほしくないなぁと感じました。
    それが売れてカンボジアの人たちの生活が変わるような商品企画・デザイン・製造・販路拡大等自分たちにできる事を注ぎ込みたいと思っております。
    まだ構想段階ですがこのサイトを見てこれを発展させてほしい等アイデアはあるけれどそこからなかなか進まない。
    等私たちはデザインの力でアイデアを形にすることができます。
    東京ばなな。沖縄のちんすこう。カンボジアのほにゃららら。
    を一緒に作りましょう!

    シェアオフィス
    新たなビジネスチャンスを求めて現地に行ってみたけど右も左もわからない。
    土地勘もないまま聞こえの良い話を並べられ、ついつい分かった気になってしまい、言われるままに物件を契約してしまった。
    こういう話をよく耳にします。
    カンボジアは他国と比較すると日系企業にとって新規参入の壁が低く魅力的なマーケットです。
    私たちはカンボジアで企業し3階建ての建物のスペースを持て余しています。
    3社ほどの限定契約になりますが日本人が在中しており、電話や郵便の代行も致します。
    その他、あなたに必要な情報を様々な形で適切にお伝えします。
    カンボジアでしっかりと土台を築き共に成長しませんか。
    ※同じ建物を共有することになる為、審査を要します。